大器グループのお仕事内容

ガソリンスタンド監視スタッフ(夜勤)

監視スタッフは主に給油の監視とお客様の対応を行います。お客様が来店されると、作業を目視するか室内に置かれているモニターから監視をします。その時、お客様がタバコを吸いながら給油をしていないか(火気厳禁のため)、ノズルをきちんと給油口に入れているかを確かめます。セルフ式のガソリンスタンドではSSC (セルフサービスコンソール)と呼ばれる機械が店内に設置されており、監視スタッフが許可を出さない限り給油が出来ないシステムになっています。(なお、SSCは法律上、乙四または甲種危険物取扱者(立ち会いが出来る者)でないと使用出来ません)お客様が給油を間違えていないか確認出来たら許可ボタンを押し、給油を開始します。一方、お客様の対応は操作がわからない方のために、計量機操作の仕方を丁寧に説明します。
また、会計を現金かカード、何リットル給油したい、いくら分給油したいのかなど要望を受けた場合、適切な対応をしなければなりません。給油の監視とお客様の対応以外には、空いた時間を利用して店内、トイレ、フィールドの清掃や補充を行います。計量器、給油ノズル、ゴミ箱など汚れの目立つ場所はとくに気をつけてチェックをします。
不定期ですがガソリンを積んだタンクローリーが店舗に来るため、荷卸しの確認も行います。監視スタッフの業務は各店舗基本的には同じですが、中には売り上げの計算、イベントなどで配布するチラシ折り、代車の引き取りなど、イレギュラーな業務を請け負うこともあります。

アシスタントスタッフ

アシスタントスタッフは、現場スタッフとエリアマネージャーの架け橋となる位置になります。基本的に監視スタッフと同様である給油の監視とお客様の対応を行いますが、清掃、チラシ折り、洗車タオル準備、電話・インターフォン対応、お客様からの問い合わせ対応、給油機器のトラブル対応などもします。さらに、日勤では店内業務の中に愛車カルテという診断書の点検記入、書類作成も含まれており、事務作業も行います。
また、エリアマネージャーのサポートも業務のひとつです。仕事内容はエリアマネージャーの指示・命令によるSS (サービススタンド)の巡回、事故や事件が発生した時の初期対応、シフト管理などです。
業務は所属しているSS一店舗だけではなく、エリア内にある複数の店舗となり、掛け持ちの勤務となります。

エリアマネージャー

エリアマネージャーは店舗の運営がスムーズに進められるように、現場スタッフ、アシスタントスタッフを取りまとめることが主な業務です。担当するSSの夜間巡回をし、各スタッフの健康状態・勤務状況を確認、備品の補充、スタッフの意見の吸い上げや、クライアントとの定期的な聞き取りによる店舗改善・指導を行います。また、シフト調整、欠員の対応、緊急連絡網の整備をし、新規SSを受託した時や欠員発生時には、スタッフ募集広告の掲載依頼も担当します。欠員を補充した際には、責任者として新規スタッフの面接、場合によっては研修の立会いもします。
エリアマネージャーはアシスタントスタッフでは対応出来ない業務も行います。事故・機械トラブルなどが起きた時は、必要に応じて出勤します。その際、スタッフのフォローと事後対応、お客様からのクレーム対処も行います。トラブルやクレーム発生後は、被害の大小に関わらず報告と顛末書の提出、その他、何か起きた場合には申請書、清算書、決算書など書類作成も業務に含まれています。
また、現場業務以外にも仕事があります。月に一度、本社定例会議に出席することになっており、活動報告書をはじめとした書類を提出することになっています。監視スタッフの指導から労務管理業務までさまざまな仕事を行います。